ブログ

伝匠薩摩切子 脚付杯 製作風景

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

blog_seisaku_kyakutsuki

伝匠薩摩切子 脚付杯の製作風景を一部ご紹介致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

blog_seisaku_kyakutsuki1
脚の部分がガラスの塊のため、ガラスの吹き方や巻き取り方が通常の作品とは異なります。
巻き取ったガラスを少しだけ膨らませて、再度ガラスを巻き取っていき、ガラスを溜めます。

blog_seisaku_kyakutsuki2  blog_seisaku_kyakutsuki3
色を被せた後、型に合わせて大まかな形を作ります。

blog_seisaku_kyakutsuki4  blog_seisaku_kyakutsuki5
通常は上から型に入れますが、脚の部分がくびれているため、横から挟みこむ特殊な型の入れ方をします。

blog_seisaku_kyakutsuki6
吹き込んでいくと、空気の圧力で脚の部分のガラスが広がり、形ができます。
ガラスの巻き取り方や吹き方に絶妙な加減が必要になる難しい作品です。

blog_seisaku_kyakutsuki7  blog_seisaku_kyakutsuki8
カット文様を入れ、脚の部分は四角く色を抜くように削っていき、磨いて完成です!

関連記事

taiken10

side_b10

side_b10

side_b20

side_b20

side_b40

ページ上部へ戻る